Polish

グループレッスン、パーソナルレッスン ヨガと理学療法で心も身体もリフレッシュしましょう

吉田沙保里選手と西野カナやん、平成とともに去りぬ。

 

 

 

金メダルと銀メダルの差は計り知れないのかもしれない

 

1/9の朝刊一面は、まさに

吉田沙保里 引退

でしたね!

 

皆さんは吉田選手と聞くとどんなことを思い出しますか?

 

もちろん世界選手権16連覇のことや

オリンピック3連覇

のことも思う人は多いでしょう

 

ついたあだ名は霊長類最強女子

そして国民栄誉賞を取られたことも記憶に新しいですね

 

あとは

ア●ソックのCMとか、

R●のCMとか 笑

 

 

でも私が一番印象的だったのは、やっぱりリオオリンピックかもですね。

 

 

「銀メダルになってしまってごめんなさい」

 

 

 

ごめんなさい!?

 

 

いったい何を謝ることがあるんだろうって衝撃を受けました。

 

オリンピックの代表になって、メダルを取ることがどんなに大変なことか、

たぶん私たち一般人にはほんの数%しかわからないんでしょうけど、

簡単なことなんて微塵も思ってないですよね。

それを謝るというのはどんな気持ちなんだろう、と思いました。

 

 

あの涙に一緒にもらい泣きした人も多いでしょうね。

 

 

吉田さんなら金メダルが当たり前、と言われ続けて臨んだリオ五輪。

色々なものを抱えて、常に攻めの精神でいることがどれだけ大変なことなんでしょうね。

 

オリンピック終わった後、テレビに出ることも前より増えて、少し顔が柔らかくなったなあと思う。

 

 

 

吉田さんレベルでなくても、みんなたくさんのプレッシャーを抱えながら生きていると思います。

 

仕事でミスできない、

テストでいい点とらなきゃ、

いいこと言わなきゃ、

うまいことやらなきゃ、

 

失敗しちゃダメ、て思うのは当たり前。

 

なんですけど、すごく重いストレスですよね。

 

 

ミスするのって、何が悪いんでしょう?

 

人に迷惑をかけるから?

仕事が増えるから?

 

 

私達ってそれが悪いことって、ちっちゃーい時から心の奥の奥まで吸い込まれているんですよね。

 

人を傷つけることはダメだけど、

迷惑をかけるのはお互い様。

迷惑をかけられた人だって、

別の誰かにお世話になっているんだから。

 

完璧に見える人も苦労してるし

誰かに助けられながら過ごしてるんだと思います。

 

「 お互い様」が当たり前になるといいですね。

 

 

 

平成女子の青春=西野カナ

 

そしてカナやん。

平成生まれの女子にとって、

西野カナ=恋愛ソングの定番

でしたね!

とりあえずカナやん歌えば間違いない!みたいな 笑

 

 

めっちゃ恋多き女、ザ・女の子てイメージでしたが、

実はもっとゴリゴリサウンドの音楽が好きで、

マダガスカルまで旅したこともあるらしいんです‼︎

意外とアグレッシブなんですね!

 

 

曲調を変えて売れる曲を書いた。

まさにビジネス!

いい曲だから売れるのはもちろんなんですけどね。

 

歌いたい曲を我慢して売れる曲を書いていたのか、

リリースした曲調も好きだったのかはわかりませんが、

すごく仕事に対して覚悟がある、

強い人だったんだなー

ってびっくりしました!

 

これくらいの姿勢で臨めたらきっと仕事もしんどいながらも楽しいんだろうなと思います‼︎

 

 

色々なところに行きたいって言ってたカナやん。

色々なところに行って、もっと人間高まってまた私達にステキな歌を届けてくれることでしょう‼︎

 

 

 

 

吉田さんもカナやんも、

本当に真剣に覚悟を持って打ち込んでいた人。

だから悔し涙でもらい泣きをする人もいるし、人の心を動かす曲がかかるんだと思います。

 

 

私達も、日々の仕事も日常も、

まっすぐ向き合えたらきっと楽しいですね!