Polish

グループレッスン、パーソナルレッスン ヨガと理学療法で心も身体もリフレッシュしましょう

理学療法士と一緒だから心臓に不安があってもヨガができる

最近は病院でヨガしなさい!と言われることも増えてきたと聞きます。

 

産婦人科ではかなり推奨されてますね。

膝や腰などの整形的な疾患をお持ちの方だけでなく、心臓の術後の方もリハビリとしてヨガを取り入れている方もいらっしゃいます。

 

 

ãå¿è ããªã¼ç´ æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

 

 

心臓リハビリテーションとは⁇

 

心臓のリハビリテーションにおいては運動療法がメインになってきます。

 

例えば、

スクワットやヒールレイズ(踵上げ)などの下肢の筋力トレーニング

歩行練習、トレッドミル

エルゴメーター(自転車こぎ)

があげられます。

 

このメニューってすごく長期間ほとんど変わらずにいたんです。

その中に今、ヨガが組み込まれようとしているんですね。

 

心疾患の運動療法には、心臓に負担をかけすぎない、かつ効果のある適切な負荷量での運動が不可欠となってきます。

 

安全限界有効限界という言葉があります。

 

例えば、筋トレをするとします。

f:id:azyogapolish:20181215135233p:plain

負荷量が少なすぎると筋力は上がりません。ある一定以上の負荷をかけないと筋力アップにはつながらないんです。これを有効限界と言います。

ただ、あまりに負荷をかけすぎると逆に過負荷になって筋肉を傷めてしまいます。これを安全限界といいます。

この、有効限界と安全限界の間でトレーニングをするのが一番適切な負荷量になります。

 

ただこれ、グラフを見るとわかるように、その幅ってかなり個人差があります。

アスリートや、健康な若者はこの幅がとても広いんです。だからある程度強い負荷をかける必要があるし、かけても大丈夫なんです。

高齢者や患者さんはこのグラフの左側のほうに近いところにいます。

だから有効限界と安全限界の差がすごくせまいんですよね。

これだけ負荷をかけなきゃいけないけど、ちょっとの違いでやりすぎてしまうんです。

このグラフの左側に位置する人たちに対しては、かなりの注意をして負荷量を設定する必要があります。

 

 

 

心疾患の方にこそヨガが合う!

 

厚生労働省のホームページには「軽度の心不全患者(NYHA分類Ⅰ&Ⅱ)においてヨガを勧める」との記載もあります。

 

 

ただ、心臓リハビリテーションは、さっきも言った安全限界の他にも、たくさんのリスクを考えた上で運動療法は行われる必要があります。

 

 

例えば血圧脈拍

 

心疾患を持っている方、心臓の術後の方ってそのずっと前から何かしらの異常を抱えている方が多いです。

高血圧だったり、動脈硬化だったり。

その元々の要因に対してもヨガは効果をもたらします。

心疾患の方は自律神経が不安定になりやすく、特に交感神経が優位になりやすいです。

交感神経優位になると、動機や息切れがあったり、疲れやすくなったりします。

血圧も上がってしまい、不整脈のリスクも高まります。

 

それらを加味して、負荷量を設定する必要がありますが、ヨガのクラスであれば、呼吸を大前提に動くき、かつある程度スローな動きがメインとなってくるので心臓リハビリテーションで推奨されている負荷量に設定しやすいです。

きちんと自分自身の体と対話をすることを意識すると、自分自身でその疲労度を感じやすく、自分自身で活動量などのコントロールを図る練習になります。

 

 

また心理的不安の軽減に対するアプローチも必要です。

心疾患患者さんってうつ病などの精神症状を合併してしまう方が多いです。

精神症状の影響で、心筋梗塞後2年以内の心血管イベントの発生率を2倍にすると言われているそうです。

ただの運動療法よりも心に対する効果はもちろんヨガのほうが高いです。

 

 

 

心疾患だけでなく、身体や体調に少しでも不安があって、運動することに躊躇している方にこそ、ぜひヨガに触れてみてほしいなと思います。

 

Polishでは、専門的な知識を持ち、リスクを考慮したクラスを行なっています。

ヨガを勧められたはいいけど大人数のスタジオではやっぱり不安だな、という方、ぜひご相談くださいね!

 

polish.atha.work

 

それでもグループレッスンは不安という方は、パーソナルもおすすめです↓↓

 

polish.atha.work