Polish

グループレッスン、パーソナルレッスン ヨガと理学療法で心も身体もリフレッシュしましょう

ヨガ哲学 紙袋が冒険してきました。~サンサーラの話~

こんにちは、あずさです。

 

 

 

この前めっちゃ久しぶりに東京行きました。

ディズニー以外で関東方面に行くの人生で数回しかないんですけどね。

 

その時にお土産を買ったんです。

お菓子の詰め合わせ。

その名も自由が丘サブレ

うん、東京ぽい!

 

それを職場の訪問看護ステーションに持って行ったんです。

結構好評でしたよー!

なんと有名な辻口シェフのお店でした。

知らずに入った自分を褒めたい。

メインは豆を使ったお菓子みたいですね。

 

フェーヴ自由が丘(豆スイーツ・豆菓子)/公式 | 店舗一覧

 

 

ちなみに東京行った目的は…

 

 

blog.po-lish.com

 


 

 

観光じゃないですよ!笑

 

 

 

 

話は戻しますが、

私と看護師さんが2人でみてる利用者さんがいるんです。

東京から帰ってきてしばらくして、その利用者さんのところにリハビリに行きました。

 

 

そしたらなんと、

自由が丘サブレの紙袋があるじゃないですか!

一瞬よくわからなくて、

「あれ?○○さんも東京行ったの?」

とまで思っちゃいましたが、よくよく考えたら私が東京から運んできた紙袋だったんですよね。

 

大人女子の多い職場なんで、お土産をあげた時に持って行った紙袋、ちゃんと取っといてくれたんです。

私達リハスタッフは最悪自分の身ひとつあればリハビリできますが、看護師さんはお薬運んだり、色んな物を持っていかれます。

自由が丘サブレの紙袋を、看護師さんがお薬持って行く時に使って、最終的に利用者さんのお宅に行き着いた、と。

そういう経緯だったんですね。

 

まさか紙袋も東京のおしゃれなお店にいた時は、自分がこんな家の片隅に置かれるとは思ってもいなかっただろうなと思ったらなんか不思議な感覚でした。

 

 

 

 

 

輪廻ってサンスクリット語でサンサーラと言います。

 

ちょっと宗教の話になりますが、魂は巡って帰って来るというのがヨガスートラの元になっているヴェーダ教の基本的な考え方なんですね。

 

あなたの魂が前の世で行ったことが今のあなたに返ってきたりしてるんですよ、なんて話もあります。

これはカルマという話になりますが、それはまだ別の話でお話しますね。

 

この紙袋と同じように、私がどこかで何かをしたことが、周りの人だけでなくて全然知らない人の生活や、もしかしたら人生にも影響を与えていることがあるかもしれません。

 

 

 

訪問看護ステーションで働く中で感じたこと、こんなことも哲学に結びついています。

 

 

blog.po-lish.com

blog.po-lish.com

 

 

 

哲学って日常に結びつけると本当に面白いです。

ほんの些細なことにも気付くことがある。

 

いろんなことに目を向けて、たくさんのことを感じていきたいですね。

 

 

 

blog.po-lish.com

  

レッスンのご予約・お問い合わせはメールからどうぞ📩💕

azyogapolish@gmail.com

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます♪

 

 

人気ブログランキング

ヨガ教室・ヨガインストラクター 人気ブログランキング - 健康ブログ

セラピスト 人気ブログランキング - 健康ブログ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村