Polish

グループレッスン、パーソナルレッスン ヨガと理学療法で心も身体もリフレッシュしましょう

ヨガ哲学 本当の自分って何?

私は今、訪問看護ステーションで働いてるんですが、そこには働くママさんがたくさんいます。

 

看護師さんってすごいんですよ。

白衣の天使って言うけど、現実は命と向き合って、最期の時を利用者さんと迎える覚悟がすごい。

技術はもちろんですけど、何かあった時の心構えとか落ち着きを持ってるな、と思います。

この強さってどこから来るのかなあ

って思ってました。

 

お昼はわいわいたわいもない話をするんですけど、

ある日皆さんの出産の話になりました。

「私痛すぎて意識失ってん」

とか

「お尻の方まで皮膚避けて麻酔ほぼなしで縫ってん」

とか

よくよく聞いたら壮絶すぎる話を皆さん超笑顔で話すんですよね!

 

今は笑い話かもしれないけど、その時の経験がその強さの一部分を担ってるな、というのをすごく感じました。

 

 

 

私は理学療法士とヨガと、仕事として2足のわらじを履いてますが、

仕事だけじゃない、

みんないろんなわらじ履いてるんですよ。

  

看護師さんも

看護師さんの顔

ママの顔

妻の顔

娘の顔

色んな役割を持ってますよね。

 

 

他にも

彼女(彼氏)としての顔

友達としての顔…

みんなたくさんの顔を持ってるとは思いませんか?

 

 

 

 

ヨガというものは、よく馬車で表現されます。

あなたの名前、体や感覚、思考でさえ、それはあなた自身ではないんです。

本当の自分は馬車の後ろに乗ってる人。

馬車を操っているわけでも、馬車を引く馬でもないわけです。

f:id:azyogapolish:20181116104232j:image

うーん、難しい。

 

ヨガのゴールは本当の自分を見つけることにあります。

誰かのお母さんであっても、それはあなたを現すわけではない。

〇〇会社の誰それです。といっても

あなたのフルネームでさえあなたではないのです。

 

難しい!わからない!と思う方もいるかと思いますがそれでいいんです。

本当の自分とは何か、

それを知ることがゴールなのだとしたら今わからなくても大丈夫なんです。

正直私もまだわかりません。

それを探すのがヨガなんです!

 

 

 

 

今現在だけじゃないです。

学生の頃は中学生、高校生、大学生と、肩書きは変わっていきます。

アルバイトしてたらそのスタッフとしての顔も持ってましたよね。

 

部活で悔しい思いをした、

仕事でこんなにがんばった、

友達とどんな時を過ごした、

恋人とどんな話をした、

積み重ねた過去は誰一人同じものはありません。

あなたの過去があなたの力の源です。

 

 

気づかないところ

知らないところで

その人を作ってる

 

 

過去とは「今」の積み重ねです。

自分ではわからなくても、

今の感覚を大切にして過ごしていれば知らず知らずのうちに「あなた」というものが作られていくんだと思います。

 

 

あなたは誰のものでもなく、あなたのものです。

 

そうやって自分を大切に過ごしていけますように!

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

レッスンのご案内はこちらの記事をご覧ください↓↓

 

polish.atha.work

  

 

ご予約・お問い合わせはメールからどうぞ📩

azyogapolish@gmail.com