Polish

グループレッスン、パーソナルレッスン ヨガと理学療法で心も身体もリフレッシュしましょう

B型のはなし

 

私はB型です。

 

 

よくB型って「自己中」とか「飽きっぽい」とか、

正直いいイメージってあんまり持たれないですよね。

 

「血液型って何ですか?」って聞かれること絶対あると思います。

その質問、すっごく苦手でした。

B型って言ったら絶対引くやん!って。

 

血液型がそうだからというわけではないですが、自己中な自覚は結構あって

「なんで私はこうなんだろう」と思うこともありました。

 

とある時、それをある人に言いました。

「私自己中なんです」って。

そしたらなんて言われたと思います?

 

 

 

 

答えは

「何がダメなの?」

でした。

 

 

 

そう、本当は自己中だっていいんです。(もちろん自分のために誰かを傷つけるのはNGですけど)

 

自分を大切にできてこそ、人に優しくなれるんです。

優しさとは作るものではなく、溢れ出してくるもの。

無理に作り出そうとすると、逆に干からびちゃいますよ。

そう思ったら、自分に優しくなれませんか?

 

 

心だけではありません。

体もそうです。

 

いつもなんとなく体がだるい。腰が重たい。肩こりが治らない。

そう思っても日々忙しく動き回る私たちですが、その体が壊れてしまったらどうなりますか?

 

そもそも体調が悪い時に人に優しくできますか?

イライラしちゃいませんか?

 

 

ヨガのレッスン中だって、もっと前屈したい、フルバインド(背中の後ろで手を組むやつ)できるようになりたい、早く逆立ちしたい、

そんな風に思って、微妙な違和感を無視してアーサナをとることも多いのではないでしょうか?

そんなことを続けていると、ある日首を痛めただの、腰を痛めただの、大切な体を痛めつけてしまうことになる。

ヨガで体をよくしたい、健康になりたい、って思ってるのにそんなのあんまりじゃないですか?

 

 

自分の体の使い方を知ることで、怪我をしないだけでなく、

今の自分に必要なことは何か、足りない部分、逆に頑張りすぎていないか、

それに気づける能力を身につけられます。

 

難しいアーサナが取れる人がすごいヨギではないと思います。

毎日仕事を頑張る人はすばらしいことです。

でも、自分を大切する方法を知っている人はもっとすごい人ですよ。

 

 

 

私も、自分にも周りにも優しくありたいなと思うものです。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

レッスンのご案内はこちらの記事をご覧ください↓↓

 

polish.atha.work

  

 

ご予約・お問い合わせはメールからどうぞ📩

azyogapolish@gmail.com